CR大海物語スペシャル(withアグネス・ラム)攻略法考察2 − 攻略法を最大限に活かす!

スポンサードリンク
現在巷に存在している攻略法は、対象にしているパチンコの特性上、デジタル画面が回ることにその起点が置かれていることがほとんどですから、攻略を始める前に、当然ながら先ずはデジタル画面を回すスタートチャッカーに球が入りやすい台を確保しないと話になりません。

そこで是非利用したいのが”ボーダーライン”。ボーダーラインは、1000円の投資に対して何回デジタル画面が回るか、つまりスタートチャッカーに球が何発入るかを、換金率ごとに表した言わば損益分岐点で、客観的に明確な台選びができる基準として唯一のもの。

今まで自身の感覚的なものだけに頼って台選びをしてきた人が、この基準で確実に台選びをするようになったら、それだけで負ける確率を大幅に低くしてくれるものであると言って良いでしょう。そのボーダーライン、CR大海物語スペシャル(withアグネス・ラム)では次のようになっています。

【CR大海物語スペシャルMTE ボーダー ※時間無制限の場合】

換金率2.5円: 22回転
換金率3.0円: 21回転
換金率3.5円: 19回転
換金率4.0円: 17.8回転

【CR大海物語スペシャルwithアグネス・ラム ボーダー ※時間無制限の場合】

換金率2.5円: 20回転
換金率3.0円: 19回転
換金率3.5円: 18回転
換金率4.0円: 17.3回転

また可能性として若干低くはなりますが、攻略法を最大限に活かす意味で、これらの回数+3〜+5となるような台を見つけることもポイント。逆に、ボーダーを下回るような台しか置いてないようなホールでは、行きつけのホールであっても打たないようにするべきです。

CR大海物語スペシャル(withアグネス・ラム)攻略法考察1 − 有用な攻略法とは?

スポンサードリンク
攻略法と言えば、一般に”その通りにすれば絶対に勝てる方法”というようなイメージを持ってしまいがちですが、ことパチンコに関して言えば”絶対に勝てる方法”などというものはありえません。もしそんなものがあったら、パチンコ業界は成り立ちませんよね。

もちろん、ロムにバグがあって特定の条件が揃えば必ずある状態にできるといったことが攻略法として一時的に利用されることはありますが、それはほんのわずかの間のことで、メーカーサイドからすぐに対策が打たれてしまいますから、本来的な攻略法とは言えません。

では、通常巷に出回っている攻略法というのは何かというと、実は”勝てる確率を可能な限り引き上げるもの”というのが正しい解釈。そしてこの「可能な限り」という部分が攻略法考案者の腕の見せどころで、攻略法間の精度の差になっているというのが実情です。

【CR大海物語スペシャルMTE スペック】

賞球数:3&4&10&14
大当たり確率:低確率時1/349.67 高確率時1/34.97
確変突入率:65%(15R:57% 2R:8%)
ラウンド数:15ラウンド、2ラウンド
カウント数:8カウント
時短:全ての大当たり終了後100回

【CR大海物語スペシャルwithアグネス・ラム スペック】

賞球数:3&4&10&13
大当たり確率:低確率時1/99.5 高確率時1/9.55
確変突入率:100%(5回転まで)
ラウンド数:15ラウンド、6ラウンド、4ラウンド
カウント数:9カウント
時短:確変5回転終了後95回 or 45回 or 20回

例えば、CR大海物語スペシャル(withアグネス・ラム)のスペックは上記のようになっていますが、これを踏まえた上で、専門家ならではの視点から想定できる様々なアプローチを繰り返し実機で検証し、”当たりが出やすい状態”にする確率の高い手順を抽出したものも、その方法のひとつになります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。